僕が MacBook Pro の言語設定を英語にする理由


僕は現在 MacBook Pro の言語設定を英語にして使っているのですが, 今回はその理由をいくつか紹介させていただきたいです.

MacBook Pro の OS は macOS なので, MacBook Pro に限らず macOS の Mac 製品全てに当てはまる内容となります.

そして最後に言語設定を英語にする方法を紹介させていただきたいと思います.

英語の勉強になる

僕は英語という言語を覚えて国分け隔てなく様々な人たちとコミュニーケーションをとりたい, 海外のサイトから直接情報を仕入れたりプログラミングを学びたいといった願望があります.

なのでどうすれば効率よくかつ英語という母国語ではない言語を深く理解することができるのかと考えていました.

英語を理解するには, 英語圏の環境に身を置くのが最も効率がいいというのを良く聞きます.

なので海外に移住するとか留学するとか英語ネイティブの友達を作るとか英会話スクールに通うとか, そういったことができれば理想なのでしょう.

ですがなかなか今の僕にとってはどれもハードルが高いです.

そこで手っ取り早く少しでも英語の環境に身を置く方法として, 僕の人生の大半を費やしている MacBook Pro の言語設定を英語にするというのは得策だと考えました.

実際何から何までも全て英語で表示されるので, わからない言葉に出会ったら Mac 標準アプリの Dictionary で引かなければいけません.

この引かなければ何もわからないというアウェイ感が英語の理解を深めるということに寄与してくれていると感じます.

言語設定を英語にした当初の英語の理解度は低いものだったのですが, この背水の陣のような選択のおかげか現在では易しく書かれた英語であれば理解できるようになりました.

そういった経緯から言語設定を英語にすると, 英語の理解を手助けしてくれると感じます.

グローバル IT 企業と同じ言語設定

僕はプログラミングを勉強しているのですが, プログラミングは英語圏の人たちと密接な関係があります.

プログラミングに関する最新の情報の多くは海外から発信されるものだと思います.

Apple, Facebook, Google, Twitter など名だたる IT 企業のベース言語は英語です.

なので僕にとって彼らと同じ環境にどれだけ近づけられるかというのは, プログラミングのスキルを高めるに当たって必要不可欠な要素ではないかと考えてます.

つまり彼らの環境を真似る一環として, 僕は自分の MacBook Proの言語設定を英語にしています.

翻訳される前の UI を使える

Apple が Mac の UI をデザインするとき, まずは本場アメリカの英語でデザインすると思います.

それから日本語, 中国語, ロシア語などの外国語に翻訳されるかと思います.

本場アメリカの Apple が最初に日本語でデザインして, 英語に翻訳するというのはちょっと考えにくいです.

そして Apple はご存知の通り UI のデザインに力を注いでいてとても綺麗な UI を提供してくれています.

そういったデザインに注力している企業のデザイナーの方々が最初にデザインしたであろう英語 UI を使えるというのはなかなか感慨深く, Mac のユーザーエクスペリエンスをより深めてくれているような気がします.

言語設定を英語にする手順

そういった理由で現在僕は MacBook Pro を英語で使っています.

もしこれまで読んでくださって私も英語にしてみようかなと思われた方は, 以下の手順で簡単に英語にできるので試してみてください.

なお手順で紹介する OS は macOS High Sierra となります.

  1. システム環境設定を開いて, 言語と地域をクリック 1
  2. + ボタンをクリック 2
  3. English を選択し, 追加をクリック 3
  4. 英語に変更をクリック 4
  5. 言語と地域を閉じる 5
  6. ポップアップが表示されるので今すぐ再起動をクリック 6

以上の手順で完了になります.

再起動後には言語設定が英語になっています.

まとめ

英語を身に付けたいと思って勉強されている方で Mac を日本語で使われている方は試しに英語にしてしまうというのもありだと思います.

身を置く環境というのは日々の習慣になるので英語の勉強と一緒にすれば相乗効果で英語の理解に貢献してくれるはずです.

ただ英語が全くわからないという場合はややリスキーだと思いますので, 最初は英語そのものの勉強から始められた方が良いかと思います.

よくわからないボタンを押して大切なデータが消えてしまったということになったらシャレになりません.

あと英語はわかるけど日本語を使っているという方も試しに言語設定を英語にすると, 英語オリジナルの UI のデザインの良さに気づかれると思いますのでおすすめです.

日本語 UI は日本語 UI の良さがもちろんありますが, 英語 UI だとプログラミングとの相性もいいので今の所は英語の設定のままやっていこうと思います.

ただ言語設定を英語にするというのはあくまで僕個人の嗜好にすぎませんので, みなさんそれぞれの設定の参考にしていただければ幸いです.