Homebrew のインストールと基本的な使い方


macOS 用パッケージマネージャ Homebrew のインストールと基本的な使い方を紹介します.

Homebrew を使うとオープンソースソフトウェアをターミナルからインストールしたりアンインストールしたりできます.

パッケージマネージャはプログラミングをする上で欠かせないものですので, macOS でプログラミングをする方は Homebrew の使い方を知っておくと色々と役に立つと思います.

今回の内容はこれから Homebrew を使い始めてみようと思っている方, 使い始めて間もない方を主に対象としています.

Homebrew を使いこなしている方も確認のために見ていただけるといいかもしれません.

Homebrew のインストール

Homebrew は macOS に標準でインストールされていないのでまずインストールする必要があります.

Homebrew の公式サイトに書かれているように, Homebrew をインストールするためには Xcode の Command Line Tools が必要です.

まだ Command Line Tools をインストールしていない方は, 次のコマンドでインストールします:

xcode-select --install

Command Line Tools が正しくインストールされると, 次のコマンドでインストールされたバージョンを確認できます:

xcode-select -v

Xcode のバージョンが表示されてインストールの確認ができたら Homebrew をインストールできます.

Homebrew をインストールするため, 次のスクリプトをターミナルに貼り付けて, Enter を押して実行します:

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

sudo を必要としないのでルート権限を必要とするオペレーションが実行されず, macOS のシステムに与える影響を最小限に抑えられます.

Homebrew 本体は /usr/local/Homebrew というディレクトリにインストールされます.

Homebrew コマンドの書き方

Homebrew をインストールできたので, さっそく Homebrew を使うことができます.

Homebrew は GUI ではなく CLI なので全てターミナルからのコマンド入力によって操作することになります.

なので Homebrew に限らずコマンドラインツールの使い方を覚える場合, それぞれのコマンドラインツールにそれぞれのコマンドの書き方がありますので, そういった書き方から覚えてしまうといいかと思います.

Homebrew コマンドの基本的な書き方は次のようになります:

brew <command> [<options>] [<formulae>]

例えば次のような HEAD バージョンの Git をインストールするコマンドの場合:

brew install --HEAD git

左から install がコマンド, --HEAD がオプション, git が formula と Homebrew コマンドの書き方になぞらえています.

書き方を覚えておくと, コマンドを入力するときに, “あれ次何を打てばいいんだっけ” ということが少なくなるのでおすすめです.

ところで formulae というのは formula の複数形で, formula というのは Homebrew 用語の一つで “製法” を意味し, 厳密にはどのようにパッケージをインストールするかが定義された Ruby のスクリプトファイルを指します.

なので formula は正確にはパッケージそのものではないのですが, 間接的にパッケージと思っていいかと思います.

全ての formulae は次のサイトから見ることができます:

http://formulae.brew.sh/

Homebrew の基本的なコマンド

Homebrew コマンドの基本的な書き方がわかったところで, 実際に使用するためには具体的なコマンドを知らなくてはなりません.

Homebrew コマンドの数はそれなりに膨大で全てをカバーするのは実用的ではないので優先度の高い基本的なコマンドのみ紹介したいと思います.

brew update

まずインストールした Homebrew を更新するコマンドです.

定期的に実行して Homeberw を最新状態に保ちましょう.

brew search <text>

次は Homebrew でインストールできる formulae を検索するコマンドです.

例えば “git” という文字列が名前に含まれている formula を検索する場合, 次のようになります:

brew search "git"

実行すると “git” という文字が名前に含まれた formulae の一覧が表示されます.

brew search </text/>

検索文字列をスラッシュで囲むと Ruby の正規表現を使って検索することもできます.

正規表現を使って “git” という単語を名前に含んだ formulae を検索する場合, 次のようになります:

brew search "/\bgit\b/"

Ruby の正規表現は強力なので, それを formulae の検索で使えるというのは個人的には嬉しい機能です.

Homebrew が Ruby によって書かれているからこその機能ですね.

brew info <formulae>

Formulae に関する詳細情報を表示します.

具体的には指定した formulae のバージョン, 簡単な説明, 公式サイトの URL, 依存関係などを表示します.

よく知らない formulae をさっと簡単に調べたいときに重宝します.

ちなみにこのコマンドで表示される情報は次に紹介する brew install <formulae> で formulae をインストールした後に表示される情報と全く同じものです.

Formulae をインストールした後に表示された情報を見逃してしまっても, このコマンドで再び見ることができます.

Git に関する詳細情報を表示する場合, 次のようになります:

brew info git

brew install <formulae>

Formulae をインストールします.

おそらく一番重要なコマンドで, このコマンドがなければ Homebrew はパッケージマネージャとして体をなさないでしょう.

Formulae のインストール完了後に表示される情報は brew info <formulae> コマンドで表示される内容と同じものです.

Git をインストールする場合, 次のようになります:

brew install git

brew upgrade

インストールした全ての formulae のバージョンを一斉に更新します.

brew update 同様, 定期的に入力されるといいと思います.

参考までに, 僕は Homebrew と formulae を一度に更新するために, 次のようなコマンドを定期的に入力しています:

brew update && brew upgrade

brew upgrade <formulae>

指定した formulae のみ更新します.

正直あまり使っておりません…

Git のバージョンを更新する場合, 次のようになります:

brew upgrade git

brew uninstall <formulae>

指定した formulae をアンインストールします.

Git をアンインストールする場合, 次のようになります:

brew uninstall git

brew list

インストールした formulae の一覧を表示します.

どんな formulae をインストールしたのか確認したいときに便利です.

brew help

Homebrew コマンドの使い方に関する簡単なヘルプメッセージを表示します.

あのコマンドはどういう風に書けばよかったっけ, というようなときに便利です.

brew help <command>

Homebrew のコマンドを指定すると, そのコマンドの使い方に関する詳細な情報を表示します.

Homebrew のコマンドはオプションを付加することによってコマンドの挙動が変わるので, コマンドそのものの使い方を調べたいときに加えて, どんなオプションがあってそれぞれのオプションはどのような挙動をするのか調べたいときに便利です.

Install コマンドの使い方に関する詳細な情報を表示する場合, 次のようになります:

brew help install

brew commands

Homebrew で使えるコマンドの一覧を表示します.

このコマンドを実行すると, 今までに紹介したコマンドがあくまで一部ということがわかると思います.

他にどんなコマンドがあるのか興味のある方は, このコマンドで調べてみてください.

その時は brew help <command> も一緒に使われることをおすすめします.

man brew

最後に紹介するコマンドは Homebrew のコマンドではないですが, Homebrew の使い方に関する網羅的な情報を見たいときには, やっぱりこのコマンドになるかと思います.

もっと Homebrew に関する詳細な情報を知りたいという方は, このコマンドはその要望に応えてくれる一つの手段となってくれるはずです.

表示される情報量は少々膨大なので多少面食らいますが…

もしくは Homebrew のドキュメントも参考になります.

まとめ

Homebrew 以外にも macOS のパッケージマネージャは MacPorts や Fink など存在しますが, macOS のパッケージマネージャといったら, 現在は Homebrew という感じです.

なので Homebrew は macOS でプログラミングをする方にとって, 欠かせないツールの一つだと思います.

今回の内容が Homebrew をこれから使ってみる, もしくは使い始めたという方にとって Homebrew を使いこなしていく一つのとっかかりのようなものになっていただければ幸いです.